小学4年生の壁について

子育てをされている親御さんなら一度は聞かれたことがある言葉「小4の壁」

でも聞いたことはあるけど具体的にどういう事なのか分からないという方に今回は

具体的にお話しします。

小4の壁をざっくり説明すると、

4年生で習う算数の内容を理解できれば、

5年生、6年生も楽しく算数を勉強できますが4年生の内容が理解できなかったら、そこからずっと算数が苦手になるという瀬戸際のことです

4年生になると分数、少数、のような、「今まで見たことない形」が出てくるので

それを理解できない子がでます。計算だけならやり方さえ分かれば大丈夫ですが

一番の問題は

分数、少数を使った文章問題が出てくるという事です。

この文章問題は、大人でも「えっ?」と考えてしまうレベルです

これが実際の問題です

なかなか難しいですよね

本当は、こんなに難しい文章問題をする必要はないんです。

小学生で習う「算数」は、足し算、引き算、かけ算、割り算と分数、少数の計算ができれば

それでOK。むしろ文章問題よりも何回も計算を練習して完璧にしてから中学校に上がらないといけな

いのですが

難しい文章問題が入るせいで、

文章問題できない→つまらない→算数全てしたくない となってしまいます。

【なぜ難しい文章問題があるのか?】

教科書を作っているのはエリートの人です。エリートは頭が良いので、「これくらいできるだろう」と自分を基準にして考えるので子ども達にとって難しい問題だという事を理解できません。

確かに問題を解くよりも問題を作る方が大変なので、頭のいい人が作るのは理にかなっていますが

子ども達のレベルに合わせて作ってもらいたいものです

(ここは文句を言っても変わらないのでスルーしましょう)

【子どものうちから難しい問題をさせるべき!!】

「文章問題が難しいからする必要はない」と言うと必ず言われるのが、

そんな甘やかしたらダメだろ!ゆとりじゃないか!と反論があります。

その意見も間違いではないのですが、

今回私が言っているのは、算数が苦手な子に向けてなので少し違いますね、

子どもというのは好きな事だけやって嫌いな事はやりたくない時期です。

強制することもできなくはないですが「強制してやったこと」と「楽しくてやった事」には大きな差がでます。

大人ならそれがイメージできますよね。

ですから無理して文章問題をやらせて算数を嫌いになるよりか、

計算問題を何回も練習して完璧にしたほうが中学校で役立ちます

【文章問題をあまり真剣にしないで良い理由】

小学校で習う文章問題は、中学校に入ってからも同じようなものが

出ます。何が違うのかというと、中学校は、方程式や文字を使うので簡単に解くことができます。逆に小学校では方程式や、文字が使えないので物凄く難しい言い回しをして説明しなければなりません。

あんなに小学校で悩んだのに中学校の方法を使ったら簡単じゃん!と思う生徒が多い事でしょう

【まとめ】

小学5、6年生になって文章問題ができなくて点数が取れなくても心配しないでください

それは中学校でできるようになります。

注目すべきは、ちゃんと計算ができているかです

特に、分数、少数のかけ算、割り算がしっかりできているかを見てあげて

それができていれば褒めてあげてください

それでも、心配でしたらご連絡頂ければ文章問題を簡単にとけるように

解説をさせて頂きます。

何でもコツがあるのと一緒で、文章問題にも解き方のコツがあります。

それが分かれば、簡単ですのでご心配なさらずに

コツや勉強法を分かりやすく丁寧に解説します。テストや入試にも出てきます。算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾「数楽の家」です。YouTubeや算数オンライン家庭教師/数学の家も始めたのでよろしくお願いします!

YouTubeはこちらをクリック!

算数オンライン家庭教師/数学の家では

算数・数学が苦手な子専門のオンライン個別指導を行っています

  1. 新型コロナウイルスの影響で勉強が遅れ気味
  2. 算数(数学)に苦手意識がある
  3. 小学校の内容から分からない
  4. テストの点数が平均点以下
  5. 計算が苦手
  6. 学校の授業が分からない

というような悩みをもった生徒がオンライン授業を受けて

ほとんどの生徒が算数(数学)を好きになってくれています

家での勉強方法などのアドバイスも無料で行っていますので

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

または mathematics.online.house@gmail.com まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

対面での個別指導をご希望の方は「数楽の家」にご連絡ください