子供のなぜなぜ期

算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。今回は子どものなぜなぜ期についてです

なんでテーブルの上に足を上げたらいけないの?


今回は「テーブルに足を乗せては いけない 理由」と「車のダッシュボードに足を載せたらダメな理由」をお伝えします。

子どもから不意に来る「なんで?」の質問、
大人の中では常識で当たり前な事でも、子どもからすれば初めて習う不思議な事です。

ここで、「なんでじゃなくて言う事を聞きなさい!」と押さえつけてしまうと子どもの中にはモヤモヤしか残りません、それが積み重なると「反発」という形になってしますので
しっかり、子どもが納得いく説明をしてあげましょう。

子どもはいろいろな事を知りたくてたまりません。
「なんで?」と聞くのは知りたいと思う気持ちがあるからです、その気持ちを否定してしまうと、知ろうとする心が失われてしまい、「なんでもいい」「どうでもいい」と思う人間になってしまうので気を付けてくださいね。


テーブルに足を乗せては いけない 理由

衛生的な問題
足は地面と接しているので常に汚れています。その汚れている足をテーブルに乗せたら汚れがついてしまいます。
靴下だけでも雑菌だらけです。足汗もかきます。
だから他人の使用した靴下は嫌がられますよね。
机の上には食べ物や飲み物など置いて食事をしますから、テーブルについた汚れが口に入って病気になる可能性もあります。

画像2


使い方の問題
モノにはそれぞれに使い方があります。
机に足を載せてはいけないのはそういう使い方をするものではないから
です。
エンピツは鼻の穴に挿すものではありませんしテレビもパンチするものではありません。だからダメなのです。

最初が肝心

「まだ、小さいからわからないだろう」とテーブルに足を乗せるのを許し「3歳になったから」「明日から幼稚園に入園するんだから」「もう5歳なんだから」「弟が生まれてお兄ちゃんになったんだから」と親や先生が勝手に区切りをつけ、急に躾を始めるとどうなるでしょう。

子どもにしてみれば、今まで許されていたことが、ある日突然いけないと言われるので、身に付いた悪習慣をそう簡単には直すことができません。何度言っても言うことを聞かないので「何度言ったらわかるの!悪い子ね!」と怒鳴ったり、叩いたしなくてはならない事態に陥ります。

そして、叩かれて痛くて怖いから乗らなくなります。小さいから許してやろうと見逃してしまった結果、どなったり叩いたりする、やってはならないNG2種を両方ともやってしまう最悪の状態になってしまいます。

これは躾とは言えません。体罰はNG。初めてテーブルに足を上げた時に教えていれば素直に従い、親も怒鳴ったり叩いたりする必要はなくなります。躾を途中からするのは母子ともにストレス、大変苦労を伴います。


車に乗ってるとき足を上げたらなぜダメ?


助手席でダッシュボートに足を乗せてはいけない理由があります。
乗せた足が、運転手の視界の妨げになるということもありますが、もっと大切なことは、もし助手席エアバックが開いた際には、乗せていた足がふっ飛ばされて自分の顔面に激突する、ということです。
ここに足を乗せていたらどうなるか、想像してみて下さい。

画像3


エアバッグは、それほど大きな衝撃でなくとも作動することがあります。事故そのものは衝撃が弱くても、助手席に乗せていた足はエアバッグに飛ばされてちょうど顔の当たりに飛んでくるので、けがは重症化します。
「行儀が悪いから」の一言で済ますよりもきちんと説明した方が良いかもしれませんね

最初に書いたように子どもの「なんで?」は突然来ます。
どんな質問が来ても対応できる準備も必要ですね

算数オンライン家庭教師/数学の家

YouTubeはこちらをクリック!

算数オンライン家庭教師/数学の家では
算数・数学が苦手な子専門のオンライン個別指導を行っています
・新型コロナウイルスの影響で勉強が遅れ気味
・算数(数学)に苦手意識がある
・小学校の内容から分からない
・テストの点数が平均点以下
・計算が苦手
・学校の授業が分からない

というような悩みをもった生徒がオンライン授業を受けて
ほとんどの生徒が算数(数学)を好きになってくれています

家での勉強方法などのアドバイスも無料で行っていますので
お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ
または mathematics.online.house@gmail.com まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
対面での個別指導をご希望の方は算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾「数楽の家」にご連絡ください

数学塾

関連記事

  1. 福岡市南区にある学び舎しおらぼで算数を織り交ぜた図形工作を行いました、算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家もここを借りています、

    小学生でやるべきこと

  2. 算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。分数の文章問題は小4には少し難しいでしょう

    小4の壁 算数(勉強)

  3. 福岡市南区にある算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家です代表は倉永将太朗

    個別指導塾がおすすめ

  4. 算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。今回は算数は社会に出てからも使うのかです

    数学はなぜ必要か

  5. 算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。小学6年生で習う比の問題です、比の値も解説します

    算数 比の問題

  6. 算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。今回は、子どもの引きこもりに関することで今話題の「子ども部屋おじさん」にもふれます

    子どもを引きこもりにする育て方①

お気軽にお問い合わせください。090-4985-2927受付時間 平日9:00~22:00    土日祝9:00~22:00

お問い合わせ