楽しい塾

楽しい塾です。算数数学を楽しい面白いと思えるような授業をします。福岡市南区にある個別指導学習塾です。不登校やホームスクーリング、ADHDやLD、算数障害の生徒にも対応しています。

楽しいを自然に引き出すことができる塾/数楽の家です。小学生中学生までを対象としている算数数学が苦手な子専門の個別指導学習塾で福岡市南区にあります。

算数数学が苦手な子専門の個別指導学習塾/数楽の家。不登校やADHD、LDや算数障害の生徒の受け入れも行っています。オンライン授業、家庭教師もあります。福岡市南区で開催中!ホームスクーリングの勉強法や教え方講座も行っています。

臨機応変な授業

ただプリントを解いて丸付けをするのではなく、生徒一人ひとりの苦手なところに合わせた授業を行います。

「どこまで分かっていて、どこから分からないのか」をしっかり把握したうえで進めるので改善するポイントとどんな勉強をすれば良いのかが明確に分かります。

また、「生徒が勉強に集中できる環境」を作るために、その子の勉強しやすい姿勢で授業を受けてもらいます。子供の中には座って勉強するのが苦手な子や膝の上にノートを置いて字を書いた方が書きやすい子など様々なタイプがいます。そのため、自分が勉強しやすい姿勢で授業を受けてもらいストレスを少なくします。

ノートに書くだけでは飽きるので、ホワイトボードや黒板を使いながらの授業もあります。書くものや場所、字の大きさを変えるだけでも脳には良い刺激になります。子ども達は特にホワイトボードが好きで、問題を解くときにノートや紙を使わずボードに書き込むという生徒もいます。

ホワイトボードを勉強用で活用することで自宅での子供の勉強がはかどります。 小学生中学生はノートばかりだと飽きてしまうので違う刺激を入れることで効果が上がります。

強制をしない

勉強においていちばん大切なことは強制をしないことです。子どもは強制されるとやる気が下がります。学校の宿題をしたくない!や勉強やりたくない!というのは

「やらされている」と感じているのが一つの原因です。もちろん全てにおいて強制しないということは難しいですが、できるだけ自分で考えて決められるような形で授業を行います。

例えば「ここをやりなさい」ではなく「この問題を解けるようになるにはどうしたらいいと思う」というような言葉の置き換えをします。

言葉の使い方一つで子どもの行動はガラッと変わります。

子供に勉強を強制するのは意味ないと言われますが、その通りです。親が強制すればするほどやる気を無くしてしまいます

楽しい=サボっているではない

「楽しい」という言葉を聞くとサボって勉強してなくて楽だから、楽しいと言っているのではないか?と思われる保護者様もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

雑談をすることもありますがその中でも「どう考え、どう行動して、結果がどうだったのか、次はどうすれば良いのか」というように建設的な思考力の練習になるような会話をします。

算数数学塾。算数教室、数学の個別指導を福岡市南区で行っています。不登校や算数障害、ADHDやLDの生徒も通っています。ホームスクーリングの勉強法や教え方講座も行っています。

楽しく勉強させたい、算数数学に苦手意識がある、勉強にトラウマがある、学校の先生には質問できない……などなど、様々なご希望に対応させていただきますのでお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

算数数学が苦手な子専門の個別指導学習塾/数楽の家。不登校やADHD、LDや算数障害の生徒の受け入れも行っています。オンライン授業、家庭教師のお問い合わせはこちら  ホームスクーリングの勉強法や教え方講座も行っています。

数楽の家不登校に対応できる塾でもあるので、学校に通っておらず勉強が止まっている生徒も気軽に通うことができます。ホームスクーリングの教え方や保護者様向けの「算数の教え方のコツ」をお伝えするコースもあります。

小学生は算数教室、中学生は数学の個別指導、県外の方には算数数学のオンライン授業も行っています。


塾が楽しいと感じる よくある理由

学校の先生よりも塾講師の方が教え方が上手だから

学校の先生は教え方や範囲が決められていたるので、自由に授業ができにくい環境下にあります。しかし塾の講師は縛りがないので自由に授業ができるので学校の先生よりも分かりやすくて楽しいと感じます。

成績が伸びたから

塾に通いだすと学校の勉強+塾の勉強になるので、学習の時間も増え、しかも自分が分からないところを聞けるので点数は上がりやすくなります。点数が上がれば成果が目に見えて分かるのでモチベーションも上がり、楽しいと感じることができます。

学校では習わない発展問題も学べる

学校の授業は内容が決まっていたり、クラスの平均に合わせてのスピードで進むので物足りなさを感じることがあります。しかし塾は学校で習わないちょっと頭を使う問題も出てくるので、もっと勉強したい!と思っている生徒には最高の環境であり、楽しいと感じます。

他校の生徒と一緒に勉強する

個別指導でも一つの教室に生徒が集められるので違う学校の生徒と会うことになります。自分と違う学校の生徒というだけでライバル心が目覚めたり、友達になったりと刺激があるので楽しいと感じることがあります。

関連記事

  1. 小学4年生、小学5年生で習う算数の分数。約分や通分、足し算や割り算などがありますが大きさの理解や文章問題と読み取り少数との比べ方はコツが要ります

    【小学5年生】分数の約分

  2. 算数・数学の計算問題を早く解くコツ(方法)は割り算と掛け算、分数と少数をそれぞれ同じにそろえて計算します。中学校で習う素因数分解や連立方程式、平方根も公式や代入法などを使うと簡単に解けます。文章問題も絵や図グラフを書いて目で見えるようにしましょう

    数学の問題を早く解くコツ

  3. 数学の問題がわからなくて泣いてしまう生徒へ。泣くことは悪いことではありません。できなくて悔しくてどうすれば良いか分からないのは逃げずに真剣に向き合えている証拠です。自分に合った勉強法は必ずあります。

    数学が解けなくて泣く子へ

  4. 算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。引きこもりや不登校のための塾

    不登校生のオンライン授業

  5. 算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。

    算数の文章問題が苦手な小学生

  6. 移項とは?