小5速さをわかりやすく解説

小学5年生の算数で学習する速さをわかりやすく解説しています。練習問題プリントもありますのでお役立てください。


速さとは

単位時間で進む道のりで表したものを速さと言います。このとき,単位時間を1時間としたときの速さが時速,1分間としたときが分速,1秒間としたときが秒速となります。

簡単に言うと……

  • 1秒でどれだけ進むことができるか
  • 1分でどれだけ進むことができるか
  • 1時間でどれだけ進むことができるか

を表したものです。

秒速3mなら1秒間で3m進むことができる、分速200mなら1分間で200m進むことができる、時速3㎞なら1時間で3㎞進むことができるという事です。


速さの練習プリント

無料でダウンロードできる算数プリントですが、家庭内での個人利用以外は利用規約を一読して下さい。

小5算数の速さの練習プリント


速さの単位変換の教え方

  • 【時速から分速】1時間(60分)から1分になるので「÷60」
  • 【分速から秒速】1分(60秒)から1秒になるので「÷60」
  • 【秒速から分速】1秒から1分(60秒)になるので「×60」
  • 【分速から時速】1分から1時間(60分)になるので「×60」

この記事で書いている内容は、「数楽の家」の倉永先生がたくさんの生徒を見てきた中での経験をベースに書いています。算数の勉強のお役に立てれば幸いです。

関連記事

  1. 小学5年生算数で学習する小数の練習問題プリント

    小5の小数プリント

  2. 算数の小数点が苦手な子用プリント

    算数の小数点が苦手な子用プリント

  3. 算数数学が楽しい塾

    楽しい塾

  4. 直角三角形の合同が苦手な中学2年生用の練習問題プリント

    直角三角形の合同-基本プリント

  5. 小学4年生算数の小数の練習問題プリント

    小学4年生の小数プリント

  6. 数学って役に立つの?