帯分数と仮分数のプリント

帯分数と仮分数が苦手な子用の練習問題プリント

帯分数と仮分数の練習問題プリントです。小学5年生の算数で習う「分数」でてくるものです。言葉の意味や「帯分数を仮分数」になおしたり「仮分数を帯分数」になおすやり方を理解しておく必要があります。解き方、考え方のポイントと合わせて子どもへの教え方も載せていますのでホームスクーリングや自宅学習などでご活用ください。

算数数学が苦手な子専門の個別指導学習塾/数楽の家」の授業で実際に使われているプリントで成果が出たものを厳選して載せています。


練習プリント

※画像をクリックするとPDFに飛びます

無料でダウンロードできる算数プリントですが、家庭内での個人利用以外は利用規約を一読して下さい。 


子どもへの教え方

帯分数と仮分数を教える時はまずは「2分の2」「3分の3」「4分の4」などの分母と分子の数が同じものは「1」に変えることができる、ということを理解できているかの確認から入りましょう。理解できていれば「2分の3」を帯分数になおす問題で解説をします。

2分の3は「2分の2」と「2分の1」からできています。「2分の2」は「1」に変えることができるので「1」と残った「2分の1」で「1と2分の1」になるよと伝えてあげましょう。

帯分数と仮分数の意味と教え方

計算問題も出てきます

帯分数と仮分数を習うとそれを使った計算問題が出てきます。帯分数の足し算引き算は「仮分数になおして計算する」パターンと「そのまま計算する」パターンがあります。帯分数の掛け算割り算は「すべて仮分数になおして」計算します。


関連記事

  1. 約数がわからない時の教え方や考え方と練習問題プリント

    約数がわからない時は…

  2. 小学2年生算数の分数の練習問題プリント

    小2の分数プリント

  3. 勉強しなさいの言い換え

    勉強しなさいの言い換え

  4. 算数のつまずき確認プリント

    算数つまずきプリント

  5. 教えると伝えるの言葉の違い

    教えると伝えるの違い

  6. 小1小2-何十何百の足し算引き算の計算問題

    何十、何百の計算プリント