算数を嫌がる小学生用のプリント

算数を嫌がる小学生用のプリント

算数を嫌がる小学生のための練習問題プリントです。1枚のプリントには2問~4問しか問題が載っていません。数楽の家では算数を「やりたくない」「解きたくない」「見るのも嫌だ!」という子ども用に「ちょっとだけプリント」を作成しています。

コンセプトは、

「やらない」よりも「1日2問」を積み重ねる

です。

普通のプリントは1枚につき10問から15問ほど練習問題が載っています。

これは「大事なところの練習」「数をこなすことで解き方を定着させる」ということを

目的として作られた問題数です。

しかし、算数が「苦手」「嫌い」な子供にとってはこの1枚のプリントを解くということ自体が苦痛でたまりません。それをむりやり「解きなさい!」といっても余計にやる気を無くしたり、1問も解かずに席を立ってしまう、ということになってしまいます。

さすがに「全くやらない」というのはよろしくないのでせめて「1、2問でも...」

というご相談を多く頂き「ちょっとだけプリント」が作られました。

人間とは忘れる生き物です。新しいことを学校で習っても復習しなければすぐに忘れてしまいます。しかし1日に少しだけでも「思い出す」「考える」時間があれば定着していきます。

勉強したくない!と思っている小学生でも「1、2問」ならほとんどの子が素直に解いてくれます。

それを上手く使って1日2問を積み重ねることで定着のお手伝いをさせて頂きます。

ホームスクーリングや自宅学習、宿題などでお役立てください。

※現在、プリントを作成中です。主要なものから随時更新していきますので今しばらくお待ちください。ご要望なども承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。


ちょっとだけプリント

小学2年生

時計の問題ちょっとだけプリント①
時計の問題ちょっとだけプリント②

小学3年生

小学4年生

3桁÷2桁のちょっとだけ問題プリント①
3桁÷2桁のちょっとだけ問題プリント②

小学5年生

小学6年生


ちょっとだけプリントのメカニズム

「ちょっとだけプリント」は1枚の紙の中に2問~4問しか問題が載っていません。実際にプリントアウトして見てみると余白が多く、もっと問題数を増やしたらいいのにと感じたり、2問なんてすぐに解き終わってしまい全然練習にならないでしょう、と思われがちですが、勉強をやりたくない子にとってはちょうどいい問題数です。

2問解いたらプリント1枚が解き終った、ということになります。これを積み重ねることでプリントの枚数が増えていき「達成感」が湧きやすくなります。

関連記事

  1. 算数質問お悩み相談室

    算数お悩み相談室

  2. 算数数学が苦手な生徒用の本

    算数数学が苦手な生徒用の本

  3. 子供が他の子と違うことについて

    子育てが楽になる言葉

  4. 迷惑のかけ方について

    人に迷惑をかける子供 

  5. 算数数学の夏期講習2023

    2023年 夏期講習のお知らせ

  6. 個別指導塾の講師に雑談は必要なのか?

    雑談する塾講師