「はじき」「みはじ」どっち?

はじきとみはじどっち?小学5年生の速さ

「はじき」と「みはじ」どっちを使えばいいですか?という質問を受けますが結論どちらでも大丈夫です。はじき、みはじ、きはじ、など色々な言い方がありますが言い方が変わっているだけで計算方法は同じです。じゃあなんで言葉の違いがあるの?という疑問に対しては今から説明していきます。

「はじき」は、速さ、時間、距離の頭文字をとったもの。「みはじ」は、道のり、速さ、時間の頭文字をとったものです。違いは、距離と道のりです。

 距離は、2つの地点を直線で結んだときの長さのこと。 道のりは、実際に人が歩いたり乗り物で移動したりした道にそってはかった長さのことです。速さの文章問題では「3㎞のランニングコースを…」「学校から公園まで…」などの表現が出てきますが、これは必ずしも直線とは限らないので、距離という表現はあてはまりません。したがって、「はじき」よりも「みはじ」の方が適していますが、計算するときは関係ないのでどちらを使っても大丈夫です。

関連記事

  1. 子供が他の子と違うことについて

    子育てが楽になる言葉

  2. 子どもが勉強しないのは親のせい?

  3. 夏休みに苦手な算数を克服しよう!

    夏休みに苦手な算数を改善しよう!

  4. 分数を書くとき定規を使う理由

    分数で定規を使う理由

  5. 小学5年生算数のつまづき克服の練習問題プリント

    小5算数つまずきプリント

  6. 数学が苦手な子専門の個別指導塾