教育格差はコロナのせい?

算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。今回コロナの影響で浮き彫りになった教育格差についてです

皆さんこんにちは!算数オンライン家庭教師/数学の家の倉永です!

今回は教育格差についてです。


コロナの影響で浮き彫りになった教育格差
実はだいぶ前からあったものですが、今まではあまり注目されていませんでした。
良くも悪くも今回の新型コロナウイルスの影響でたくさんの人が注目してくれたので今後改善してくれることを願い記事を書かせていただきます


教育が平等ではない?


対面が禁止されたことにより授業をオンラインに切り替えようとした学校側に立ちはだかった壁は厚いものでした。
「家にネット環境がない人はどうすれば?」
そんな声が多数寄せられたそうです。


ネットがある家庭だけに配信するとネット環境がない家庭は授業を受けられません。
これでは平等に教育ができない!となり
オンラインではなく、プリント紙を郵送する形でなんとか凌ぎました。
これは公立学校の状況です。
ですが私立では、すでにオンライン化が進み授業を再会している所もあります。


この私立と公立の差は悲しい事にお金の差です。
また、お金に余裕のある家庭は家庭教師を雇い勉強を進めています。
自粛期間は約2ヶ月ありました。
家庭教師を雇い1日2時間勉強してる子は
単純計算で2時間✖︎60日=120時間

画像1


しかも長期間勉強しないと能力自体も衰えるので差は開く一方です。
他の個別指導塾の講師の話だと、生徒の学力はかなり下がっていて、
英単語を忘れていたり、数学の計算が遅くなっているそうです。

教育は平等でなくてはいけません。
生まれた環境や親の収入によって子どもの将来が左右されるのは子どもの可能性を閉ざす事にもなります。ではこの教育格差は無くならないのでしょうか?



国主導なら


市や県だと限界があるので本当は国の政策で改善させるのがベストです。ヨーロッパなどの教育政策が進んでいる国は、教育費が無料だったりします。ですが日本がこれをできるかと言うと難しのが現状です。一時期は9月入学の案が取りざたされましたが結局ボツになってるところを見ると、少しづつでも変えていこうという気はないのだと思います。


世界基準でみると


日本だけでみると教育格差があるように見えますが世界的にみると実は日本は良い方なんです。世界には、子ども達が路上生活していたり、盗みをしないと生きていけなかったり、体を売っていたり、というような国がたくさんあります。日本は全員が平等にチャンスがあるわけではありませんが、「チャンスが無いわけではない」のです。
頑張れば、努力次第で上に行けます。結局は自分で努力するしかないのです。

画像2

世界からみれば


発展途上国の子ども達からすれば日本は天国です。治安はいいし、水もきれいだし、住むところもあるし、、、、でも日本人は外国を見る機会が少ないので、自分たちがいかに恵まれているかを知りませんし、今ある環境が当たり前だと思っているので文句ばかり言います「学校に行きたくない」「授業がめんどくさい」「勉強なんてしたくない」海外の子どもが聞いたらひっくり返るでしょう。


日本の子どもは勉強できることが当たり前だと思っているので、勉強にやる気がなく不真面目です。以前はそれでもよかったのかもしれませんが、近年では外国人留学生が増えています。外国人留学生は勉強がしたくて日本に来ているのでとても貪欲で真面目です。このまま外国人が増えれば日本の子ども達の就職先は減るでしょう。
だって雇う側からすれば不真面目な日本人より真面目な外国人を使いたいですから。


まとめ

何が言いたいのかと言うと、別に外国人を入国禁止にすればいいと言いたいのではなく。日本人も外国人に負けないように勉強しないとどんどん抜かされてしまうという事です。
たとえ教育があまり受けれてない外国人であっても、日本に来て日本語を話せていたらそれは二か国語喋れることになるんです。これはかなり大きなハンデになります。
これからもっとグローバル化が進む中で言葉が喋れることがどれだけ重要か。
国が政策を変えるのを待つのではなく自分から動くことが今の日本人に求められていると思います。

数楽の家

数楽の家不登校に対応できる塾でもあるので、学校に通っておらず勉強が止まっている生徒も気軽に通うことができます。ホームスクーリングの教え方や保護者様向けの「算数の教え方のコツ」をお伝えするコースもあります。

小学生は算数教室、中学生は数学の個別指導、県外の方には算数数学のオンライン授業も行っています。

算数の教え方教室。教え方のコツや苦手な子の対応の方法、おすすめのやり方を教えます!

関連記事

  1. 中学受験、高校受験前は不安でしょうがない気持ちになると思います。親からの期待で押しつぶされそうになり眠れない夜があったり、死にそうと思ったり。特に今年はコロナが原因で泣くなく塾なしで臨まないといけない生徒もいます、情報過多の時代、学校の学力検査やリセマム、偏差値ランキングのような情報サイトが気軽に見れ、余計に周りと自分の差が分かったり……そんな時のポジティブになれる考え方をご紹介

    高校受験が不安でしょうがない

  2. デシリットル(㎗)は日常生活で使わないのになぜ小学校の算数で勉強するのか。 小2の単位変換で出てきますがいつ使うのか、習う意味、使う機会はあるのか?という親の疑問にお答えします。苦手な子供への教え方も!

    デシリットルはいつ使うのか

  3. 数学の問題がわからなくて泣いてしまう生徒へ。泣くことは悪いことではありません。できなくて悔しくてどうすれば良いか分からないのは逃げずに真剣に向き合えている証拠です。自分に合った勉強法は必ずあります。

    数学が解けなくて泣く子へ

  4. 夏休みに苦手な算数を克服しよう!福岡市南区にある算数数学専門の学習塾です。 夏期講習を開催!小学校で使っている計算ドリルや宿題、課題を一緒に解いていきましょう!

    夏休みに苦手な算数を改善しよう!

  5. 休校期間は○○で乗り切れる!?

  6. 小学4年生、小学5年生で習う算数の分数。約分や通分、足し算や割り算などがありますが大きさの理解や文章問題と読み取り少数との比べ方はコツが要ります

    【小学5年生】分数の約分