褒めて伸ばす塾

褒めて伸ばすのか叱って伸ばすのか、逆の言葉に言い換えるだけで効果やメリットがたくさん出ます。心理学に基づいているので仕事で部下を叱るときに使ってみてください

子どもを褒めて伸ばす授業をしている学習塾です。マイナスな言葉は使わず「別の言い方」を使うことで生徒が嫌な気持ちにならずしかも正しい解き方ができるようになります。心理学を応用しているので会社の部下や新人にも教育の一環として使えますので大人の方もぜひ参考にしてください。

生徒への言葉使い

間違いがあっても「間違っている」と使わない

一生懸命考えて解いた結果を「違う」「間違ってる」と言われるのはあまり気持ちの良いものではありませんし生徒側からすれば否定されたように感じてしまいます。特に「なんでこんな問題も分からないの?」なんて言われた日にはやる気を失うでしょう。

そうならならいように違うを

「惜しい!」

という言葉に言い換えます。

日本語の意味で言うと惜しいとは「もう少し」や「近い」という意味になるので答えや解き方が間違っているときに使う言葉ではありませんがそれでも使います。

何故かというと自分で考えて答えを出したというだけでほとんど正解だからです。算数数学は考える練習のためにあるのでそこができていれば9割合格、正解しているかどうかが残りの1割なので答えが違っていたとしても「惜しい」を使うという考え方です。たとえ、正解が15なのに答えが218とかでも気にしません。

惜しいという言葉を使うことでじゃあ次はどうすればいいのか?という切り替えにすぐに行くことができます。「違う」とバッサリ切ってしまうと落ち込む気持ちが出てしまいサッと次にいけません。これは子どものやる気を引き出すために非常に重要です。

褒めて伸ばすのか叱って伸ばすのか、逆の言葉に言い換えるだけで効果やメリットがたくさん出ます。心理学に基づいているので仕事で部下を叱るときに使ってみてください

10問中2問できていればそれでOK

計算問題が10問あったとしましょう。それを解いて2問しかできてないと、「なんで2問しかできてないの?」と言ってしまう人がほとんどでしょう。

ですがもしかしたらその子はすごく頑張って頑張って2問正解したのかも知れません。そうだった場合、「なんで2問しか解けないの」という言葉はその子にとってやる気を根底から削ぐ言葉になってしまいます。

そうならないように逆にこう考えてみましょう。

解けた問題が2問もある!2問もできてるじゃん! 次は3問できたら良いね!

たとえ1問も正解してなくても解こうとした後があれば、自分で考えたんやね偉いねと褒めてあげます。考えて分からなかったら先生と一緒にやってみようかと持っていきます。

「できない」ことが悪いのではありません。

できなくても自分で考えようとしていればそれは褒める対象になります。何が悪いかと強いて言えば「考えようとしない」ことです。つまり授業に参加してないとうことです。それはそれで何か原因があるので、世間話から入って子どもの話を聞いてあげます。大抵は学校で嫌なことがあったり家で親に怒られたなどです。

上記の褒め言葉は子どもの才能を伸ばす可能性を秘めた大きなポイントです。今言葉のかけ方が違っていても今日から変えることで効果は充分見込めます。

やらない方がいい事はやったらダメとは言わない

子どもに絶対ダメ!と言えば想像つく通りだいたいやっちゃいますよね。なのでダメという言葉を使いません。それをするとどうなるのかを教えます。例えばもっと簡単な計算方法があるのに難しい計算のやり方をしていたら、「そのやり方ですると何回も計算しないといけなくなって面倒になるよ」というように言います。

人は自分に不利益になる事をしようとしないのでそのイメージを持たせる事でやらないようになります。

令和ではあまりないかも知れませんが、平成生まれ世代では中学生がタバコを吸うことも多々ありました。親は前もって未成年喫煙にならないように教えようとしますがその時もタバコ吸ったらダメだからね!と言ってしまうと、吸った事のない子どもにとっては余計興味のある話になってしまいます。

いったいタバコとはなんなんだろうか?どんな感じがするのか?みんな吸ってるから自分も吸ってみたい、と思うようになり結局は誘惑に負けて吸ってしまいます。そうならないために、ダメという表現は使わずに吸ったらどうなるかを説明してあげて、どっちがいい?と聞いてあげると良いでしょう。

褒めて伸ばすのか叱って伸ばすのか、逆の言葉に言い換えるだけで効果やメリットがたくさん出ます。心理学に基づいているので仕事で部下を叱るときに使ってみてください

大人への言葉使い

今は時代が変わり仕事場で怒ることは少なくなったと思います。(そもそも「怒る」と「叱る」の使い分けができない上司も増えていますが)

新入社員が社会人としてしっかりしてないから叱ったら次の日には会社を辞めてしまったという話はよく聞きます。(叱られるほうにも問題があるんですけどね)

大人を叱るときも子どもと同じように言ってみてください。

ミスをしても「自分で考えて行動できたことは素晴らしいよ、では次失敗しないようにするためにはどうすればいいと思う?」と言ってあげれば角が立たずに受け入れてくれるでしょう。

「褒めて伸ばす」と「叱って伸ばす」だったら褒めて伸ばした方が双方にとってプラスになる時代ですね

福岡市南区にある算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾です。オンライン授業、不登校、引きこもり、発達障害の子なども受け入れています。

お問い合わせ

    YouTubeはこちらをクリック!クスッと笑える動画を公開中!

    オンラインのお問い合わせは算数オンライン家庭教師/数学の家まで。

    早朝オンライン塾はこちら

    福岡市の不登校(ひきこもり)専門塾のご相談の方はこちら

    対面での個別指導をご希望の方は算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾「数楽の家」にご連絡ください

    関連記事

    1. 塾の無料オンライン

    2. 算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。

      中学生の数学/苦手を克服できる勉強法

    3. 福岡市南区にある学び舎しおらぼで算数を織り交ぜた図形工作を行いました、算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家もここを借りています、

      小学生でやるべきこと

    4. 算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。今回は自分がひとと違うことに気づいた時です

      みんなと違うと不安になる

    5. 計算ミスが多くてイライラする、減点や部分点にしかならずテストがひどい点数だ、なくす方法や対策を探しているが原因が分からず不安だ、小学生中学生で直らないと高校受験も出来なくなる。などのお悩みがある方に改善できる方法を教えます。

      算数数学の計算ミスが多い

    6. 算数・数学が苦手な子専門の個別指導塾の数楽の家は子ども達の苦手な事や嫌いな事を何故しないといけないのかを解説します。文章問題の練習にもなり入試にも役立ちます算数オンライン家庭教師/数学の家とYouTubeもよろしくお願いします。数学塾。家で親が教えられる簡単な方法をお伝えします!

      小学生への算数の教え方